雨漏りを適用するための火災保険とは?

こちらのサイトをご覧の方は、火災保険を適用させて、雨漏りの修理費を軽減したい!

と思われている方がほとんどかと思われます。

また、火災保険は台風による被害でも大丈夫?経年劣化によるものは・・・?

と悩まれているのではないのでしょうか?

そんな方のために、こちらをご覧頂ければ、火災保険に適用できるかの基準が理解できるかと思います。

保険適用の基準について

先ず重要なことは、単なる雨漏りでは火災保険の対象にならないということです。

では、どのようなものが火災保険の対象となるのでしょうか。

一般的な補償は下記のようになっています。

  • 経年劣化による雨漏り・・・・・・補償対象外
  • 災害(台風等)による雨漏り・・・・補償対象

それでは、「補償対象外」と「補償対象」についての一例をみてみましょう。

補償対象外

  • 経年劣化により、外壁・屋根からの雨漏り
  • 施工不良による雨漏り
  • リフォームや増築の影響による雨漏り
  • 修理費用が20万円以下
  • 被害を受けた時点から3年以上が経過している

補償対象

  • 強風で屋根瓦が飛んでしまった
  • 台風による強風で飛んできた物により屋根に穴が空いた
  • 台風による暴風雨が原因で雨漏りが生じた
  • 雪による重みで屋根が変形し、雨漏りが生じた

このように、経年劣化や人工的な被害の場合は、保険が適応されない可能性が高くなります。

しかし、実際に災害が起きた際にチェックすることは、できないとことがあるとおもいます。

また、災害直後は雨漏りしていなかったが、何カ月後に雨漏りしてきた。

という報告もあります。

そんな場合は、「経年劣化によるもの?」「災害によるもの?」と判断が自分では難しいと思います。

難しいと思われた方は、こちらのお問合せホームよりご相談頂けましたら、すぐに雨漏りのプロが確認に参ります。

先ずは、経年劣化と決めつけずに、雨漏りのプロにご相談下さい。